サイト開発〜これだから失敗する

企業のサイト企画に携わる方、「始めに考えた構想と違う」「思ったようなサイトに仕上がっていない」といった感想をお持ちの方も多いのではないでしょうか。開発が終わって後悔する前に、その失敗を防ぐために、具体的な3つのケースをもとに、問題点を考えてみました。


【1】明確な目的を持たず、判断を下せないウェブ担当者


私の過去の経験で、一番困ってしまうのが、クライアントの意見がないことです。じつは大企業ほどこの傾向が大きかったりするのですが、上司に「インターネットを使え」という大枠の指示が出て、いやいやながらご担当者がサイト開発の依頼を出すというパターンがあるようです。こちらからいくらアイデアを出しても、何をやりたいのか、何がだめなのか、はっきりしないうちに時間だけが過ぎていきます。

ご担当者の方は、ウェブマスターという重要な任務を負った以上、積極的にサイトのあるべき姿を検討し、また上司の方も、明確な判断基準を持つということも大切です。サイト活用の方向性から、運営の体制、トータルなコストなど、必要な項目についての考えをまとめておきましょう。

※当社では、クライアントの時間的コストを考え、積極的に具体案を提示し、方向性を決定できるようなプロセスをご用意しております。



【2】サイト開発にムダな「営業」が付く

もしあなたが具体的にサイト開発を考え、どちらかの外部企業に開発依頼の電話を掛けたとして、さっそく打ち合わせに来たその外部企業から、「営業」の担当が来たらどうでしょう? まずは、その営業担当者に対しては、疑問をもってかかるべきです。

なぜなら、営業と名のつく担当者が、ハイエンドかつ今日的なウェブソリューションについて、的確な意見交換ができることは稀だからです。その営業担当は、あなたの指示を中途半端に理解し、単なるメッセンジャーとして忙しいウェブ開発技術者、デザイナーに対して的外れな指示を出している可能性があります。

それだけでなく、その無駄な営業担当についてのコストは、あなたの請求書に上乗せされているはずです。

別のパターンでは、新人、と称して素人をあてがわれるケースもあります。実務経験がクオリティを左右するウェブでは、これが致命傷になる可能性もあります。

もちろん、大規模なサイト開発については、もちろん全体を統括するミドルウェア的人物が必須です。インターネット全体の現状、システムのトレンド、企画アイデア、サイトデザインの考えなど、トータルなディレクション能力に長けた人物なら、安心して発注してよいと考えられます。

※当社では、全員がプロフェッショナルの少数精鋭です。素人はいませんし、お話を伺う場合も、全てをカバーできる担当がお伺い致します。




【3】サイトオープンの後、更新、運営を考えていない

サイトを新しくオープンさせました。それで一段落?いえ、それからが大変なのです。

更新作業における問題は、とくにサイトクオリティの劣化が挙げられます。サイトオープン時には、デザイナーが一つのデザインルールの下制作されたため、全体を通して一つのアイデンティティ、統一されたインタラクティブ機能などが備わっているのですが、更新作業を自社内で行い、その考えを踏襲せずに行うと、次第に支離滅裂なサイトに崩れ去っていきます。

それを防ぐには、やりやすい更新作業を考えた上でのデザインフォーマット作成や、ページ作成マニュアル等の、だれでも一定のクオリティが保たれる書式を残してもらう必要があります。

また、データベースの更新作業も大変なものです。とくに複雑なCGIがからんでくると、その修正にはそのつど外注費用もかかり、次第に更新がおろそかになり、データベースが死んでしまうケースも多々あります。

これを防ぐためには、なるべく身軽なデータベース・プラットフォームを選定することが重要です。つまりデータベースの規模に見合ったプラットフォームを選ぶことにより、低コストの運営が可能になります。

※当社では具体的にサイト規模に応じたプラットフォームをご用意しております。「ウェブ・データベースの考察」のページで、詳しくご紹介しております。


Homeへ ページトップへ

サービスのご案内:
ホームページ制作・運営
ウェブ・データベース構築
(株)マジェスティック

  03enterprise Web Magazine
業務内容 ●ウェブサイト・デザイン●ウェブ・データベース構築■ウェブサイト運営●インターネット・イントラネットサーバー構築●CD-ROM制作●各種DTP(カタログ、パンフレット等)制作 ■会社案内 ■人材募集
Phone:03-5762-7156(ダイヤルイン)  ■お問い合わせページ E-Mail:info08(at)03enterprise.com