Server Management
FileMaker Server 9インストールの注意点3 12/07/2007 03:55:39

FileMaker Server 9インストール時、もしくはサーバー展開の編集/展開アシスタント実行時に、PHPのインストールについて選択するステップがある。ファイルメーカーのPHP APIを使いたいときは、ファイルメーカーがサポートするPHPをインストールしなければならないのだが、それを実行した場合、当然いままで使っていたPHPの設定とは異なるものがインストールされるので、インストール後に再インストールが必要になる。

また、ファイルメーカーがサポートするPHPをインストールした場合、httpd.confの一番最後の行に、
Include '/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/httpd.conf.php'
という設定が追加され、ファイルメーカー用のPHPを読込むように設定が変更される。自前でインストールする場合は、この行が残っているとファイルメーカーの設定が生きてしまうので、この行はコメントアウトし、
また、コメントアウトされている下記の2行を適宜変更する。
(#FMI_Configuration_V1 を外す、php4を5にするなど)
#FMI_Configuration_V1 LoadModule php4_module libexec/httpd/libphp4.so
#FMI_Configuration_V1 AddModule mod_php4.c

ちなみに、MacOSX Serverのデフォルト設定では、PHPは
/usr/libexec/httpd/libphpX.so
に、ファイルメーカーのインストールしたPHPは、
/Library/FileMaker Server/Web Publishing/publishing-engine/php/libphp5.so
にある。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア