Cool Gizmos
新しいアップルのノートブックはMacBook Air 01/15/2008 07:55:34





待ち望んでいたAppleの小型ノートパソコンがいよいよ発売になった。1/15のサンフランシスコ・マックワールド2008でその全貌を確認した。

細かいスペックはアップルのサイトでご確認いただくとして、私の感想としては、

-これはサブノートブックというより、サブサブノートブックという印象である。今日の肥大化したアプリケーション、ムービーなどのハンドリングを考えると、80GB HDと2MBのメモリは最低レベルの容量だ。iMovieなどのヘビーアプリケーションを快適に使うのは厳しいだろう。
-拡張性がかなり制限されている。内蔵ハードディスクやSSDは交換できないし、メモリも増やせない(ボート上にハンダ付け)。ポートはFireWireが外され、1つのUSBポートになっている。当然、モバイル時にもUSBハブ、Ethernetドングルは必携になる。底面の写真を見てのとおり、切れ目のない1枚板であり、バッテリも交換できないので、セカンドバッテリは持ち歩くことはできない。
-今まで、ノートブックを大型画面に接続し、デスクトップマシンとして使い、必要時には取り外して使う、という方法を取って来た方も多いと思うが、上記のように、サブサブ機能に絞られたスペックでは、このような使い方は厳しいだろう。
-これは、MacBook ProやMacBookの線上に並ぶマシンというよりは、完全に違うコンセプトのモデルである。アップルではこのマシンの開発に100にのぼるプロトタイプを開発したという(NYTimes)。当然、既存の製品との競合、棲み分けを考えた製品なのである。


さまざまな制限があるにせよ、いままでのMacBookでは得られない軽さ、薄さを備えたこのノートブックは、快適なモバイルワークをもたらしてくれるはずだ。





Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア