Cool Gizmos
Nullrive社NetShareで、iPhoneを外部モデム(無線ルーター/HotSpot)として使えるようにする 08/01/2008 19:31:44







AppStoreに、革新的だがちょっと疑問のあるソフト、Nullriver, IncのNetShareがアップロードされている。これは、iPhoneの”使えない”機能の一つ、パソコンの無線ルーターとして使う事を可能にするものである。いまどき、高機能携帯電話であれば、パソコンとの連携が可能で、パソコンはその携帯経由インターネットに接続できるのが当たり前となっているのだが、iPhoneはあえて?それができない。AT&Tでは30ドルのオプションを用意している機種もあるようだが、iPhoneにはそれも無い。

しかし、その障害を乗り越えるのがこのNetShareなのである。これさえあれば、無線LAN、HotSpotを探しまわる必要がなくなるのだ。

肝心の入手方法だが、AppStoreで掲示/削除が繰り返されていて、今度またいつ削除されるかわからない。(日本時間8/2(土)15時現在、削除されている)
もしアップされていたら、希望者は急いでダウンロードされることをおすすめする。$9.99だ。

設定、インストールもちょっと面倒であるが、数分程で完了した。以下、そのステップを書き留めておきたい。画像は左から1)〜7)と対応している。

1)MacBookのAirMac設定で、ネットワークを作成...を選ぶ。
2)なにか適当な名前をつけて保存する。他人からのむやみな接続を望まない場合「パスワードを要求」をオンにする。
3)続けてシステム環境設定の「ネットワーク」の設定を行う。通常の接続とは異なるため、既存設定とは分けておきたいので、上部の「ネットワーク環境」プルダウンメニューから、「ネットワーク環境を編集...」を選び、次のダイアログで+のマークをクリックして環境を追加しておきたい。
なにか分かりやすい名称であればOK。追加が終わったら、完了ボタンを押して、メイン画面で先ほど設定したネットワーク名を選ぶ。
4)「詳細...」ボタンを押して2カ所変更。TCP/IPタブから、IPv4の構成「DHCPサーバーを使用(アドレスは手入力)」を選び、192.168.10.2(プライベートIPであればよい)を入力。
5)2箇所目の設定は、プロキシタブを押し、「SOCSプロキシをオンにして、SOCSプロキシーサーバーを192.168.10.1とする。
6)次にiPhoneの設定だ。Wi-Fiネットワーク設定から先ほどつけた無線LAN名をえらんで、右の青い矢印を押す。すると裏画面が出るので、IPアドレスを入力。

以上で作業完了である。

7)試しにスピードをみてみたところ、約140KB/Secの速度であった。

ちなみにE-Mailが変えない、スカイプが使えない、といった問題もあるようで、このあたりは追って確認してみたい。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア