Server Management
Webサイトの病状(1):ブログツール"M"導入の患者様 11/13/2008 23:20:28

本日お会いしたWebサイト管理者の方は、サイト構築を企画会社に依頼して完成させた。問題の患者の病状は、管理者自身では日々の更新方法が分からないので、更新についてもその企画会社に依頼したものの、結局企画会社も更新してくれずにWebサイトが仮死状態になっている、というものだ。

サイトのデザインそのものは、十分美しく問題は無いのだが、CMSとしてブログツール"M”を使っているという。早速、"M"の管理画面にログインし、お話しを伺った。

管理者の方は、もっと簡単に記事中に画像や表を配置できると考えていたようだ。しかし、アップロード作業やタグ調整などの作業は、従来のオーサリングツールよりは分かりやすいかもしれないが、まだまだ一般の方にとっては複雑・面倒と言わざるを得ない。やりたいことは一つなのに、いろいろなオマケが付きすぎているのも混乱の元である。

実際のサイト構築作業は、企画会社からさらにWebデザイン会社に外注されているので、"M"を使うと綺麗なサイトを簡単に作ることができる、と宣伝されているのを鵜呑みにして発注した企画会社が悪いのか、正しく与件を伝えなかった発注元が悪いのか、根本的な原因まではわからない。しかし、本件のような病状は数多く寄せられていて、昨今の企業サイトによる安易なブログツールの導入には疑問を感じざるを得ない。

"M"をダウンロードできるサイトには、「ワープロのような高機能エディタで、誰でも魅力的なコンテンツを簡単に作成できます。」「高機能な"M"タグによるテンプレート編集で、ブログのデザインを思い通りにカスタマイズ。」と記載されているが、はっきり言って初心者や、時間のないWebサイト管理者は、これらの機能は使うべきではない。また、今日の魅力的なコンテンツとは、ユニークなレイアウトのサイトなら魅力的、というのは誤りである。「簡単」「思い通り」という言葉に騙されてはいけない。

また、ブログツールを使っていて必ず大きなネックとなるのが、表組みデータの表示方法である。今日のブログツールではそのあたりもエクセルからのコピー&ペーストなどにも対応するようになって来ているが、その方法だけで見やすい表組みを作るのは至難の業である。そもそも、表組みされたデータを表示したい、ということは、なんらかの意味を持ったデータのまとまりを発信したいということなので、本来はデータベースで管理することが、後々の時系列データ資産としての価値も生まれてくるはずであり、単に文中に埋め込んでしまうのはデータ資源を破棄しているに等しい。

治療方法:結局、このお客様は、これ以上"ブログツールM"を使い続ける事もできず、既存のファイルをすべて破棄し、当社「誰簡Web」を新規に導入していただく事となった。

ブログツールのみならず、カスタマイズの難しいCMS、フリーのショッピングカート等を企業サイトに導入し、機能の限界から行き詰まっている問題はこのところ急増している。初期費用・ランニングコストとも大きなメリットのある「誰簡Web」のご検討をぜひともご検討されることをお勧めしたい。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア