Server Management
ASP/SaaS/クラウドより、FileMaker Pro ServerによるカスタムWebアプリケーション開発導入のススメ 06/25/2009 23:52:57

クラウドだの、ASP/SaaSだの、新しモノ好きの日本人にはたまらないのかもしれないが、これらのWebアプリケーション導入こそが今のトレンド、とばかりに多くのメディアで語られている。確かに、システムを所有しないために導入費用とランニングコストが格安、という点は魅力ではある。

しかし、ASP/SaaS/クラウドといった「出来合い」のサービスを盲目的に導入するのは危険だ。「シンプル・汎用性」は「カスタマイズが必須」ということであり、「高機能」ということは「複雑・難解」ということと裏腹であることを認識すべきである。

つまり、よほど「通り一遍」のビジネスを展開していない限り、ASP/SaaSを自社向けに使えるようにするには、カスタマイズのための安くない外注費用、というハードルが必要であることを忘れてはいけない。そして、オープンソースCMSの導入と同じく、高機能と詠われているアプリケーションほど、習得に時間が必要で、変更が複雑でコストがかかり、限界もあるという危険性もはらんでいる。

あの、豊富で簡単なカスタマイズが可能ということで有名なSalesForce.comでも、開発者は独自のアプリケーションフレームワーク、SOAP API、Apex言語、Visualforceなどの習得が必要で、とても敷居が低いとは言い難く、おのずと開発費用の敷居も高くなる。ファイルメーカー社の試算では、アップグレード費用など費用ゼロの点でSalesforce.comのアドバンテージがあるものの、総合費用ではファイルメーカーを使ったソリューションの倍以上のコストが見込まれている。

その点、素人でもデータベース構築が可能なファイルメーカーをプラットフォームとし、Webアプリケーションを導入することは、今日のきめ細やかなビジネスの展開には欠かせない、大きなメリットがある。あらかじめ必要な機能だけでスタートする事も可能であるし、Webアプリケーション開発の前に、ファイルメーカーシリーズのみでファイル共有で活用・ブラッシュアップしつつ、利用者が多数になった段階でWebアプリケーションとして機能を付加することもできるのだ。その場合、複雑な計算式などはファイルメーカー側ですでに作成されていれば、Webへの展開は超高速である。これはSQL DBでは決してまねできない芸当だ。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア