Cool Gizmos
Snow Leopard Server搭載 新・サーバー専用Mac miniが「惜しい」理由 10/22/2009 08:00:21

大企業はもちろん、中小の一般企業でも、1社に最低1台、「サーバー」は必需品となってきている。ワープロ/そろばん代わりだったパソコンは、業務の中心機能として重要な役割を担っている。

そんな昨今、2009年10月21日に、「Snow Leopard Server搭載Mac mini」なるものがアップルから発売された。この箱一つで、ファイル共有やインターネットサーバーはもちろん、グループワークには欠かせない住所やカレンダーの共有、モバイル環境からVPNのような面倒な手間のない安全なサーバーへの接続、などが可能になる。このMac miniのベンチマーク値は3724、4年前のMac Pro下位モデル(Intel Xeon 5130 2.0 GHz 4 cores)のベンチマーク値が3952、5年前のXserve G5は2081であるから、4年前のMac Proと匹敵し、5年前のXserveよりずっと速い値だ。

しかし、徹底したプロダクトデザインの結晶である極小サイズ筐体、UNIXベースのOSに比類なき簡便性をもつGUI管理インターフェース、そして消費電力の少ないエコ設計など、大変魅力的なパッケージであるこの製品も、残念ながら大きな問題点が1点ある。それはハードディスク関連部分だ。

ハードディスクは、現在、価格や性能など、トータルで最もパフォーマンスに優れたストレージである。しかし、残念ながらその信頼性は100%ではない。そのために、このMac miniはハードディスクを2台内蔵していて、RAID等で冗長性を持たせることでその信頼性をカバーしている。しかし、その内蔵ハードディスクが故障したとき交換が容易に出来ないのは、重大な問題だ。ちなみに、コンピューターの故障原因の45%は、ハードディスク関連であると言われている。

もう一つ、言わせてもらうと、本体の電源差し込み口が非常に抜けやすい。ケーブルの点検等でちょっと引っかけただけでも抜けてしまう。「サーバー」と名乗るマシンであれば、この部分も改善が必要だ。

サーバーの使命はノンストップで安定した稼働だ。Mac miniそのものは、コンパクトでありながらもしっかりとした設計で、アルミニウムボディで放熱作用も良好、耐久性の高さという点では、サーバー機器としての素質は十分だ。だからこそ、上記の弱点をクリア出来た場合、ハイコストパフォーマンス(本体62,900円〜)&エコ(リサイクル可能なアルミニウム筐体と世界最高のエネルギー効率)という夢のサーバーシステムを実現できる。

株式会社マジェスティックでは、新型Macmini(2.53GHz以上のIntel Core2Duo、4〜8GB RAM)、 高速化されたFireWire800バスの外付け大容量HD、セキュアなデータセンター内ラックで保管、FileMaker Server の組み合わせという、コストとパフォーマンスにおけるベストなレンタルサーバーをご用意しております。お問い合わせはこちらまで。




Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア