Server Management
MacOSX 10.7.1 Lion + FileMaker Server 11 + Mac miniへ引越:試験運用開始  09/08/2011 17:14:14

本日より、当サイトは、MacOSX 10.7.1 Lion Server + FileMaker Server 11v3、マシンは新製品のCore i7搭載Mac mini 8GB RAMという構成のサーバーに引っ越しました。

FileMakerサイトからの正式なアナウンスでは、FileMaker Server 11のMacOSX 10.7 Lion対応状況として、「Web 公開機能が動作しません。インスタント Web 公開と カスタム Web 公開 (PHP, XML, and XSLT) の双方が機能しません」ということですが、Core i7のサーバー環境を待ちわびていた管理者としては、自らが人柱となってでも早期導入を進めたい限りでして、いつになるか分からないアップデーターや次期バージョンをのんきに待っていることはできない状況です。
現状の設定では、OS、FileMaker Serverとも、クリーンインストール状態で、とくに設定の変更はしていません。しかし、インスタント Web 公開も カスタム Web 公開 (PHP, XML)も問題なく動作していて、サーバーログを一通りみたところでも、それらしきエラーは記述されていないようです。もちろん、なんからのエラーが発生した際は、速やかにこちらのサイトにアップします。いましばらく、こちらのサイトの稼働をご参照いただければと思います。

Update:2010年9月30日、予定だった10月よりも早く、ファイルメーカー社より正式なMacOSX Lionへの対応版がアナウンスされました。早速こちらのサーバーも切替作業を行いました。FMI開発者の方々のご尽力に感謝です。

Update:一定時間アクセスが無いと、データベースにアクセスするページを開いたときにデータベースからの反応が無い場合がある。エラーログは無し。スリープ状態ということか。一度アクセスすれば、正常に戻る。
[crit] (2)No such file or directory: mod_jk: could not init JK log lock in child
というエラーを表示。関連はあるのか?

Update:「サーバー管理」からWeb管理ツールが消滅。GUIによる設定は、簡易版である「Server」からの設定のみとなる。この「Server」がくせ者で、サービスのオン・オフを行うと、confファイルをサーバーの仕様で書き直してしまう。無理矢理ロックをかけたり、独自のconfファイルを設置すると起動しなくなる。もちろんコマンドでWebサーバーをコントロールすればよいのだが、別の作業を行った際にそのアクションが働いてしまうこともある。かなりまずい点である。FTPの管理ツールが消滅したことも課題になっているが、ちょっと削りすぎでは?

Update:2011/11/04 WebDAVの設定方法が変わっている。Webサーバーの設定で、バーチャルサーバーのIPアドレスを指定するとWebDAVでエラーが発生し接続不可能になる。configファイルでIPアドレスを指定するとそれを読みに行かなくなる? 共有フォルダの指定が正しく反映されない。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア