General
FileMaker v.15発売 FileMaker Pro(クライアント版)がついに無料に? 05/11/2016 04:19:47

トレンドの波に乗り遅れるということは、ITの世界では死活問題である。かつて1本38,000円もしたFileMaker Proのライセンスは、2015年5月11日、ついに「無料」という販売形態を広げることとなった。

無料といえば、ブラウザベースのASP/SaasといったWebアプリケーションが代表的で、高額なオフィスアプリケーションやパッケージソフトを過去の遺物とし、ネット世界の拡大とともにユーザーの評判を獲得してきた。しかし、ブラウザベースのアプリケーションは使い勝手の点ではまだまだそれには及ばない魅力がある。速いレスポンス、安定した稼働、充実した開発環境など、はやりパソコンの歴史と共に歩んできたデスクトップアプリケーションの優位性は捨てがたいものがある。

FileMakerもそんなデスクトップアプリケーションの魅力から、根強いファンが多いことは確かだが、Webアプリケーションにシフトしてきたユーザーに対しても、無料という最高のフレーズで大きな注目を集めることになるだろう。

新たにリリースされた無料のFileMaker Pro「ユーザ接続版」は、必ずFileMaker Serverに接続して起動する必要があり、パソコン単体だけでは使えないということも重要だ。FileMaker Serverに接続していないで10分ほど経過すると、上図のダイアログが出て、なにかしらサーバー上のファイルに接続しない限り使い続けることはできない。こちらのプログラムはインストール時にシリアル番号は要求せず、インストールすること自体に制限は無い。もちろん、起動時のネットワークプロテクトも無い。プログラムは通常のFileMaker Proとは異なるので、試用版をインストールしてあった場合、ライセンスキーを入力してこのFileMaker Pro「ユーザ接続版」に切り替えることはできない。

そこで今回新しく加わったFileMaker Serverライセンスパターンが、FLT(FileMaker Licensing for Teams)だ。

FLTは、FileMaker Serverに接続する確定したユーザー数を前提にしたライセンスというのが特徴で、いままでの同時接続数ライセンスのFileMaker Pro/Go版+ユーザー特定という概念になる。FileMaker Pro「ユーザ接続版」を無料のFileMaker Goのような感覚でインストールして使うことができ、FileMaker Serverに接続する際に最大同時接続数の範囲内で使用できるが、接続できるFileMaker Pro/Goライセンスはきちんと接続ユーザー個人を特定・限定し、「特定されたユーザー」での同時接続数で制限される。たとえば、いままでは100台のiPadを企業で利用していた場合、同時接続数を超えなければ交代に100台すべてのiPadからFileMaker Serverへ接続できたが、このライセンスでは5ユーザー接続であれば特定ユーザーが所有する5台のみしか同時接続できない。

一方、いままでのように交代でFileMaker Serverに接続して最大同時接続数を超えない、という使用方法をご希望であれば、FileMaker Pro「ユーザ接続版」のついたFileMaker Server同時接続ライセンスが候補になるだろう。こちらは今まで通りにFileMaker Goと、さらにFileMaker Pro「ユーザ接続版」も、同時接続数を超えない限りは、どの機器からでも(ライセンスされた企業での利用に限定して)接続は可能だ。

ただし、新しい同時接続ライセンスの1接続数あたりの単価は今までとは桁違いで、88,380〜153,000円にもなる。この対価を享受できる使い方ができるかどうかは難しいところだ。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 
Server Management
Cool Gizmos
Web Design Beyond
FileMaker Tips

v1.0 バックナンバー
お問い合わせ
このサイトはファイルメーカーProを使った誰簡®Webにて運営されています。
ファイルメーカーPro誰簡FAQ
オンラインストア