FileMaker Tips
FileMaker Server - インターネット経由、共有ファイルが開けない問題:FileMaker Server セキュリティパッチの有無 07/27/2016 15:52:40

昨今のSSLセキュリティ問題で、ここ数年FileMaker Serverのセキュリティ仕様は頻繁にアップデートを繰り返している。FileMaker 12シリーズでフォーマットが変更になり、12以降のファイルは互換性があるにも関わらず、上図の通りFileMaker 12-13ではアクセスができない組み合わせがある。

上図「△*」については、下記のセキュリティパッチが最終版となっていて、このパッチが適用されているかどうかという点とFileMaker Server暗号化で保護する設定の有無が互換性に影響する。

FileMaker Pro 12.0.4 + セキュリティ更新
FileMaker Pro 13.0.9
FileMaker Pro 14.0.5
FileMaker Server 12.0v5 または v6(OS X) + セキュリティ更新
FileMaker Server 13.0v9
FileMaker Server 14.0.4

つまり、FileMaker 12-13では、同じバージョンであるにも関わらず、サーバーとクライアント版で互換性が無いという問題が発生している。現在はFileMakerは15がリリースされていて、12との互換性は完全に断たれているが、かといってプラットフォームを12-13までバージョンをダウングレードすれば互換性がある、というわけでは済まないという点で、システム管理者は十分に注意が必要だ。



Comments

Add comment for this article
Comment
URL
Password (You can revise your comment later with this password.)
Security Code
Input this text in the right textarea.
 



03enterprise

Copyright © Majestic, Inc. プライバシーポリシー